大学を卒業して保育士になるメリットとは

一番のメリットは初任給が高いことです。また、授業に余裕があるので他の資格取得や勉強が出来、保育士の仕事に役立てることもメリットの一つです。

保育士として働くメリットとは

no.1

子供の笑顔に囲まれる

子供は国の宝であり、癒しの存在です。無邪気な笑顔に囲まれて過ごすことで、仕事中も楽しく過ごせます。

no.2

子供の成長を感じられる

身体的成長の他、一人一人違った個性を持った子供たちのそれぞれの長所を見つけたりなど、日々様々な発見があり、刺激的です。

no.3

自分の将来にも役立つ

将来自分の子供を持ったとき、保育士としての経験や知識は育児でも必ず役に立ちます。

no.4

就職や転職がしやすい

全体的に保育士は数が足りていないので、引く手あまたで就職に困ることはあまりないでしょう。

no.5

1年を通しての行事やイベントを楽しめる

クリスマスや運動会など様々なイベントを楽しめるので、大変ながらも楽しさを感じるでしょう。

マッサージ

資格の取得

保育士の資格を取得することを考えている場合、一般的には専門学校に進学をするということが多いです。しかし最近では大学を選択する人も増えてきています。より専門的な勉強を行うことができるというだけではなく、付属の幼稚園や保育園での実習を積むことが出来るというメリットもあります。大学によっては専門の課程を修了することによって、保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取得することができるところもあります。子どもの保育や教育に興味があって、どちらを選択するべきなのか悩んでいるという場合には、両方の資格を取得することが出来る大学に進学をしたほうがよいのかもしれません。資格を取得することによって、就業先にも幅を持たせることができるようになり、様々なところで活躍をすることが可能となります。自分が役に立てる場所を多く見つけることができます。

実践で役立つ能力

実習を多く経験することによって、実践の場でも役立つ技術や知識を得ることができます。机上の勉強だけでは中々動くことができなくなるということもあるので、付属の幼稚園などで実習を多く経験することが出来る大学を選ぶことによって、自分の適性まで分かってくる、ということになるでしょう。保育士を選択するべきなのか、それとも幼稚園を選択するべきなのか、悩んでいるのであればどちらの資格を取得してもよいでしょう。また他にも様々な資格を取得することができる、というのも大学を選択する大きなメリットです。取得可能、受験資格を得ることができることが多い大学に進学をすることによって、自分が進むべき道を見つけることもできるかもしれません。就職をした後で意外にも役に立つ資格だったということもあるかもしれないので、出来る限り資格を取得しておくとよいでしょう。

広告募集中